信じられない!チョコレートがダイエットの味方に!?

登山の際には1枚のチョコレートを持っていくと言われるくらい、チョコレートは少量ですぐにエネルギー源になる食品として知られています。
実際に、登山家の中にはチョコレートによって命を救われたという方も存在しています。
ということは、逆を返せば少量で高カロリーを摂取してしまう食品ということになり、ダイエット食品としては不向きと捉えることができますね。
ですが、チョコレートは上手に味方につけることができさえすれば、ダイエットの邪魔になることはなく、逆にダイエットを成功に導いてくれる可能性が高くなります。

ご存知ですか?チョコレートがダイエットの味方になるという事実

チョコレートはカカオを原材料としており、ポリフェノールが豊富に含まれていることでもよく知られています。
そして、チョコレートに含まれているカカオポリフェノールには食欲抑制効果が期待できるとされていますので、チョコレートを上手に摂取することが、ダイエット中の空腹感の緩和に役立つでしょう。

ですがダイエット目的でチョコレートを摂取するのであれば、どのような種類でもかまわないということではなく、ある条件をクリアしているチョコレートを選んで摂取する必要があります。
では、どのような種類のチョコレートであれば、食欲を抑制することができるのでしょうか?それは、カカオ70%以上でつくられているビターチョコレートです。
普段、砂糖やミルクがたっぷりと含まれているチョコレートを好んで食べていると、カカオ70%以上のビターチョコレートでは苦いと感じて食べにくいかもしれません。
ですが、これが食べ過ぎの予防に役立ちます。

砂糖やミルクがタップリと含まれるチョコレートは口当たりが良く、気が付いたら食べ過ぎてしまうことがあるでしょう。
ですが、やや苦いと感じるビターチョコレートであれば、無意識のうちにどんどん口に運んでしまう可能性は低く、食べ過ぎる可能性は低いでしょう。
そもそも、食欲抑制のためにチョコレートを食べるのであれば、食べ過ぎないことを意識することが前提条件とはなります。

チョコレートを食べるタイミングと1日の適正量について

カカオ70%のビターチョコレートであっても、チョコレートである以上高カロリーという点に於いては例外ではありません。
カカオ70%のビターチョコレートのカロリーは製造メーカーによって異なりますが、1片5gとすると、そのカロリーは28キロカロリー前後です。

つまり、調子に乗って食べ過ぎてしまった場合ではカロリーオーバーになる可能性が広がるということです。
ダイエット目的でビターチョコレートを食べるのであれば、どんなに多くても1日50gまでとし、食べ過ぎないように注意しましょう。

また、どのタイミングで食べれば良いのかという部分については、食事の20~30分前を目安に1~2片程度食べておくと良いでしょう。
ビターチョコレートは、食べた直後から急に食欲抑制効果が現れることはなく、食べてから20~30分後に食欲抑制効果が現れてきます。

チョコレートダイエット・絶対にやってはいけないこととは?

上記でご説明した通り、チョコレートをダイエットに活用するのであれば、必ずカカオ70%以上でつくられているビターチョコレートを選んで食べる必要があります。
そして、ここで注意して頂きたいことは、製品名が“ビターチョコレート”となっていても、配合成分をきちんと確認したら砂糖やミルクが配合されていたということは実際にあります。

ダイエットのためのビターチョコレートを選ぶ際には、パッケージデザインや製品名だけに惑わされるのではなく、配合成分もしっかりと確認してから購入することを心がけましょう。
また、ビターチョコレートはそれ自体に甘みはなく、よほどお好きな方でなければ美味しいと感じることがないかもしれません。
そして、お口直しに甘いチョコレートを1片食べるなどということをしてしまうと、なんのためにビターチョコレートを食べているのかわからなくなり、本来の目的を見失うことになります。
ビターチョコレートを食べるときには、「これはダイエットのための食欲抑制用」とご自身に言い聞かせ、お口直しに別の食品を食べてしまわないように注意しましょう。

注意!チョコレートで痩せるわけではありません

今回は、ビターチョコレートで食欲を抑制する方法についてご紹介してきましたが、これはあくまでもダイエット中の食欲抑制に役立つ方法であり、ビターチョコレートを食べることが痩せることに直結するわけではありません。
ダイエットに失敗する方のパターンとして多いのは、「○○を食べたのだから痩せるに違いない」という勘違いです。
どのような食品であっても、カロリーがある以上食べ過ぎれば太ります。
ましてや、ビターチョコレートは低カロリー食品ではありませんので、食べ過ぎれば逆効果となって太ります。
ビターチョコレートをダイエットに活用するのであれば、低カロリーかつ栄養バランスが整った食事の摂取を心がけ、ビターチョコレートはあくまでもダイエットのサポート役として捉えておくことが大切です。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る